産卵で川の上流までたどり着けない鮭を科学の力で移動させる方法が画期的

サーモンの産卵のための遡上を補助する装置

ダムと産卵のために遡上する魚の共存

アメリカ・ワシントン州シアトルにある”Whooshh Innovations“の会社が開発したダムを横断してサーモンを上流の産卵場所まで飛ばす『fish passage』が画期的だと話題に。
ダムが作られたことにより人間の生活はより豊かになりましたが、海と川の上流(産卵をするため)とを往復するサケにとってダムなどは大きな障害物となります。
そこで”Whooshh Innovations”は、ダムによる障害をなくして回遊魚が自然の産卵場に戻る方法として長いチューブを使った運搬装置を開発しました。

スポンサーリンク

【動画】Helping salmon migrate

スポンサーリンク
衝撃水中生物
スポンサーリンク
アニマーズをフォローする
アニマーズ

コメント