余命わずかの男性。最後に願うのは最愛の犬に会いたい・・・

スコットランドのダンディーという町にある病院で起きた出来事。病院に入院している“Peter Robson”さんは、余命があと数時間しかない状況の中、最後に飼っていた犬に別れを告げたいと看護師に頼みます。看護師は彼の頼みを規則を破って特例で認めることに。許可をもらえた“Peter Robson”さんは最愛の犬であるボーダー・コリーの“Shep”と最後に出会え、別れを言うことができた。その後まもなくして“Peter Robson”さんは亡くなりました。彼の孫たちは看護師の判断に敬意を表し、感謝していると伝えました。[動画あり]
   

1.

【動画】

コメント